ゴールドの結婚指輪のメリットとは

ゴールドの結婚指輪のメリットとは 結婚指輪は入籍や結婚式を行う際に購入される方が大半となります。
しかし、一般的な素材は希少性の高い金属となるプラチナとなり、夫婦ペアでも20~30万程度が相場と、高額な出費となります。
そのため、プラチナ以外の素材で価格がそれよりも低いものを求める方も少なくありません。
プラチナよりも安く、かつ指輪に適した素材となるのがゴールドです。
ゴールドはプラチナほどではありませんが、金属の価値としては高く、その光沢も高いものとなります。
結婚指輪としては、ゴールドにニッケルやパラジウムなどの漂白材としての金属を加えたホワイトゴールドがプラチナと見た目が似ていることから人気があります。
プラチナと比べて、劣化することで色味が白成分が抜けてくるといったデメリットがありますが、メンテナンスをすることで再び白い光沢を復活させることが可能となります。
プラチナの指輪よりも費用が抑えられる分、新生活の費用の足しにしたり、結婚式のグレードを上げることができるため、指輪に対して大きなこだわりがない場合は選択肢の一つとしてもよいでしょう。

指が華奢な人の結婚指輪の選び方

婚約指輪などとは違って、結婚指輪というのは、人によっては四、五十年ほどの長い期間に渡って指にはめているものなので、自分の好みのものにしたいところなのですが、やはり似合うものを選びたいものです。
例えば指が華奢な人の場合だと、好きだからといって、あまり太くてごついリングの結婚指輪だとどうしても違和感があるため、リングは細いものを選ぶようにしておきたいです。
さらに指が短いというのなら、縦長に見えるV字タイプのリングにしておくと良いです。
華奢だけれど、逆に指が長いというのなら、細くてスレートのリングにしておくと似合います。
また、ゴージャスにしたいというのなら、例えばシルバーとゴールドの二色を合わせたようなものがおすすめです。
このように、好きなものを選ぶのも良いのですが、自分の指の形や太さ、長さなどをよく確認した上で、どのような結婚指輪が合うのか、または欠点を隠すことができるのかを考えていくと良いでしょう。