結婚指輪の重ね付けをしたい

結婚指輪の重ね付けをしたい かつては、婚約指輪は高価なダイヤモンドを使用しているため、日常生活で身に付けるのは適さないと考えられていました。
現代は婚約指輪と結婚指輪を日常的に身に付けるのが主流になっており、重ね付けをする目的で購入をしているカップルが増えています。
お店に足を運ぶと、重ね付けがしやすいシンプルなデザインの結婚指輪が揃っているので、気に入った商品が見つけやすくなっています。
結婚指輪のデザインも豊富な種類が揃っており、指をきれいに美しくみせてくれる商品が見つけやすくなっています。
結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることで、相乗効果が期待できるので、豪華な印象を与えることができます。
気温が高くなってくると、結婚式や披露宴に出席をする機会が多いですが、フォーマルな席に出席をする時も、指輪の重ね付けをしておくと、華やかさを演出できます。
信頼できる評判の高いお店を選ぶと、豊富な品物が揃っているので、指にフィットする商品を選んで下さい。

結婚指輪をつける位置について

結婚指輪をはめる位置は左手の薬指という定説がありますが、なぜその位置なのかご存知でしょうか。
古代ギリシャでは心臓は人の心を司る脳のような働きがあるものと考えられていました。
そして心臓がある左側の手の薬指は心臓からの血管が直接つながっている指と考えられ、心を縛るもの・掴むものとして結婚の際に新郎新婦がお互いに指輪を贈りあうという習慣ができました。
ちなみに結婚指輪が愛の証として使われているのは、リングの形は途切れる部分がないことから「途切れることのない愛」の象徴とされており、古代ローマ時代から採用されているといいます。
しかし、現代では左手の薬指が何かの作業をする際に最も動かない指のために、作業の邪魔にならない。
または指輪を最も落としづらいから、という実用的な理由もささやかれます。
また、日本ではあまり一般的ではありませんが各指には意味があり、欧米諸国の中にはその意味が普及している国もあります。
そして薬指は「愛情」の意味を持っているから結婚指輪をつけられるという説もあります。