結婚指輪を付ける意味

結婚指輪を付ける意味 結婚指輪は結婚式の際、新郎新婦が指輪交換してから付け始めます。
これは夫婦として歩んでいく誓いを形に表したものです。
結婚指輪の丸い形状は永遠に途切れることの無い愛情を象徴しており、同じように常に身に付けることで相手の存在を強く感じることができ、絆が深まるのです。
結婚指輪の習慣の元となるのは、古代ローマ時代にローマ教皇が鉄の輪を結婚の誓いとして使ったことに始まります。
また、ギリシャ神話で人の感情を司る心臓につながる血管が左手の薬指にあると信じられていたことからこの指にはめて結婚の誓いをより強いものにしたのです。
日本にはヨーロッパから入ってきた習慣ですが、その歴史はたった50年ほどです。
しかしながら、ヨーロッパにおいては何百年も前から続いている伝統ある習慣なのです。
結婚指輪は、一生使い続ける指輪なので、普段使いできてふだんアクセサリーをつける習慣の無い男性にも抵抗なくつけ続けられるデザインのものを選ぶようにしましょう。
素材は金やプラチナのもの、平均相場は10万円くらいで婚約指輪より安価なものを選ぶ傾向が強いです。
2人で使い続けるものなのでお店で2人が互いに納得するものを選ぶようにしましょう。

結婚指輪が即日必要な場合はどうするべきか

結婚指輪というと、一生つけるというイメージがあります。
そのため、いざ選ぶとなると、結婚式に備えて、式の何カ月も前から結婚指輪のリサーチをしたり、お店を巡り、そして注文をするというカップルが多いです。
注文してからも、サイズの調整や、指輪の裏にメッセージや2人の名前を彫ってもらうために出来上がるまでに数週間かかることがどの店でも多いでしょう。
しかし、なかなか無いケースかもしれませんが、結婚指輪が即日必要になってしまうことがあるかもしれません。
そのような時はどうしたら良いでしょうか。
そのような場合はデパートなどに入っているオーダー以外も受け付けているお店で即日買うことの出来るサイズの合う商品を選ぶことです。
もし気に入った商品でぴったり合うサイズがない場合は、デパートに入っている店では後日無料でサイズ調整をしてくれるお店が多いので大丈夫でしょう。
指輪の裏の名前などは後日の依頼が出来るかを確認しましょう。
もう1つの選択は、とりあえず必要な場を乗り切るために、お手頃な値段の指輪を購入するというのも手でしょう。
そして後日ゆっくりと時間が出来てから、一生つけるための2人の指輪を時間をかけて選ぶというのも良いでしょう。
しかし、結婚指輪は即日選ぶものではないので、最初から余裕を持って選んでおくのが一番いい選択でしょう。

結婚指輪関連リンク

オーダーメイド専門の結婚指輪

結婚指輪 オーダーメイド